エイジングケア化粧水は年代を考慮して選んでみよう

subpage01

エイジングケア化粧水は、美容効果の高くて肌のコンディションを整えるのに最適ですが、製品によって配合されている美容成分が大きく変わってきます。

ですので、どのような成分が配合されているのかをチェックすることが大切です。

化粧水のエイジングケアについての知識を高めてもらうためのサイトです。

さらに年代によって効果的な美容成分も違ってきます。

20代でエイジングケアしたいと思ったら、保湿をメインに化粧水を選んでみましょう。何故ならセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの肌中の保湿成分は、20歳を過ぎたことから少なくなっていくからです。将来、乾燥肌やインナードライにならないように、20代からエイジングケアとして保湿していくことが大切です。


30代のエイジングケアは、保湿成分の中でもヒアルロン酸を意識するのがおすすめです。


これはヒアルロン酸の減少量は40歳を過ぎると大幅に増えるためです。

これによりTゾーンは皮脂が目立つのに、頬や目元は乾燥する混合肌になることも多いので、化粧水で保湿を心がけることが大切です。



40代からは肌の透明感の低下やシミ、ソバカスなどが目立ってきます。
これをケアするためには、エイジングケアに美白を取り入れるのがおすすめです。美白成分の中でもビタミンC誘導体はメラニン色素の還元に優れているという特徴があるので効果的です。これに加えて、プラセンタエキスの補充もおすすめです。



プラセンタエキスには肌の新陳代謝を高める働きがあるからです。
その結果、肌の黒ずみをケアしたり、たるみやハリをアップさせる効果も期待できます。