Skip to content

足痩せは運動とマッサージで

足痩せをしたいなら、運動をするべきです。足はむくみやすい部位であり、心臓から送られてきた血液やリンパ液を上に押し戻す力が足りないと太くなります。なぜ血液やリンパ液が滞ってしまうのかというと、筋肉の働きが足りないからです。こまめに動くことでも多少改善されますが、やはり筋力をアップしてポンプの役割を強化することから足痩せにつながります。

運動を続けていると自然としなやかな筋肉がつき、代謝も良くなります。代謝が良くなると摂取したエネルギーを消費しやすくなりますので、太らない体づくりにもつながります。運動は時々行うのではなく、毎日継続して少しずつ行うことが大切です。日頃から動く習慣のない人は急に運動を始めると痛めてしまう恐れがありますので、慣らすために少しずつ増やしていく必要があります。

また、脂肪が凸凹としたセルライト状になってしまった場合には、揉みほぐすことで排出されやすくなります。揉みほぐす際には血行の良い時を狙うと効果が高まりますので、入浴時がおすすめです。ただ揉みほぐすだけでなく、スリミングジェルなどを使えば効率がアップします。セルライト状の脂肪は運動だけではなかなか落とすことができないのですが、マッサージと組み合わせることで少しずつ落としていくことができます。

このように、足痩せといっても、ついている脂肪のタイプや太くなってしまった原因によって行うべきケアは変わってきます。まずは自分がどのタイプなのかを考えてみることが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *